• ホーム
  • 様々な種類の感染症に注意するべきこととは

様々な種類の感染症に注意するべきこととは

2019年08月13日
色々な薬と瓶

現代の医療は数十年前に比べると飛躍的に進歩していて、以前では治せなかった病が治せるようになったりもしています。
高熱が出ても抗生物質ですぐに治まったり、頭痛腹痛等に効く薬も副作用が抑えられ効果の高い薬が登場していて日常生活で大変助かります。
しかし感染症が世界から消えた訳では無く、日本でも感染症に対する意識をしっかりと持つ事が大切です。
感染症も進化している為、以前効いていた薬が効かなかったりと耐性を持った新種も出現しています。

このリスクを回避する為に大事な点を2点挙げてみます。

1点目としては、基本中の基本と言える手洗いの徹底です。
感染症を起こす菌の最も多い人体への侵入経路は手からです。
菌が付着した手でご飯を食べたり、目や鼻を触ったり等日常のアクションの中に侵入するポイントが多々あります。
そうした点からも手洗いは非常に重要です。

又、手洗いの仕方もポイントとなります。
水洗いだけでは菌は落ちないので、しっかりと時間をかけて丁寧に洗う事が大事です。
特に手が荒れていると菌が繁殖しやすくなるので特に注意が必要です。
手を拭くタオルも菌が繁殖してしまうのでこまめに取り換え清潔なタオルを使用する事も合わせて意識する必要があります。

2点目としては、マスクの着用です。
マスクに関しては予防の点でも効果がありますが、自分自身が感染症になってしまった時に周囲の人にうつさないという点で効果があります。
マスクの隙間を極力抑える事で、侵入を防げて拡散も防げます。
この時にマスクにはウイルスが付着している恐れがある為、マスクを触った後はしっかりと手を洗う事が重要です。

以上の2点が感染症に対する注意点と言えます。
基本的な事ですが非常に効果があります。