落ち込んでいる男性

妊娠中は母体が何かの感染症に感染すると、そのまま胎児に影響する可能性が高いので、非常に気をつける必要があります。
その中でも、妊婦が注意しなくてはいけない性感染症にはどんなものがあるのか、また胎児にどんな影響があるのでしょうか。

まず、一番身近でかかりやすい性感染症として、クラミジアがあります。
男性は尿道に感染するので気づきやすいですが、女性はあまり症状が出ない人がいるため、感染していることにも気づかず、妊娠して受ける血液検査で初めて感染していることに気づくケースもあります。
流産や早産の危険性があるほか、産道感染すると胎児が肺炎や結膜炎を起こす恐れがあるので注意が必要です。
感染した場合はすぐにジスロマックといった抗生物質を服用する必要があります。
ジスロマックを通販で購入する方法もあるため、前もって入手しておくのもおすすめです。

性器ヘルペスは、性器の周辺に水泡や潰瘍ができる性感染症で、妊婦が感染して産道感染などで胎児にうつってしまうと、脳障害や最悪な場合死亡するケースもある重篤な症状を引き起こしますので、出産一ヶ月前までに治らない場合は帝王切開での出産となります。

淋病や梅毒は、避妊せずセックスを行った時に感染する場合が多く、淋病は女性の場合ほとんど自覚症状がないため知らないうちに感染してるケースもあり、母子感染すると流産や早産のリスクが高まるだけでなく、両眼を侵され失明する危険性もある怖い感染症です。
梅毒も、流産、早産になる可能性が高くなる以外に、子宮内で梅毒に感染することがあるため、胎児が先天性梅毒となり、出産後に皮膚や内臓疾患を抱えることになる場合もあります。

本来妊娠したら血液検査で様々な病気に感染していないかどうかは調べていくのですが、たとえば奥さんの妊娠中に旦那さんが風俗に行って、その後奥さんとセックスして感染するというケースもあります。
身に覚えがないうちに感染していることもありますので、家族全員で治療や予防していくことが大切になります。

記事一覧
感染症によるリンパ管炎の自己診断について

感染症というのは、ウイルスや細菌などが体の中に入ることから始まります。 体内にそうした病原体が侵入すると、リンパ管などで炎症が生じます。 これは病原体を殺したり、体外に出そうとする結果です。 ですから、リンパ管炎の症状が現れたら、まず感染症を疑いましょう。 感染症に関しては、ある程度自己診断することも可能です。 病気に関する書籍やインターネット上のサイトには、こうしたリンパ管炎などの症状が詳しく記載されています。 そうした病気に関する情報を活用することで、自己診断を行うことが可能といえるのです。 ただ、自己診断にも限界があります。 やはりリンパ管炎のような病気を自己診断だけで片づけてしまうのは、それなりにリスクがあるのです。 ですから、感染症によるリンパ管炎の症状が見られたら、自己診断をした後でも良いので、病院へ行きましょう。 病院では医師が問診や視診を行い、必要であれば精密検査まで行ってくれます。 その結果、感染症によるリンパ管炎なのかが判明することでしょう。 さらに、どんな細菌やウイルスによって感染を起こしたのかまで特定することが可能です。 それがわかれば適切な治療法も見つかります。 感染症というのは、他人にもうつる病気です。 それだけに、早期発見早期治療が重要となります。 家族や周囲の方々に迷惑をかけないためにも、早目に医療機関を受診することが望ましいです。 その最初の段階で、自己診断をしてみるのは良いことであるといえます。 ただし、繰り返しになりますが自己診断を過信してしまうのは危険です。 最終的な診断はプロフェッショナルである医師に任せることが大切です。 大きな病院であれば、感染症のプロが必ず存在していることでしょう。

2019年11月09日
感染症による尿道炎の治療薬について

感染症による尿道炎は男女によって原因菌が違う場合があります。 女性で最も多い尿道炎の原因は腸に生息している菌による感染で普通は尿道炎と膀胱炎を併発する形であらわれます。 これは女性の尿道出口が肛門に近い為大腸菌が膀胱へ入りやすい環境になります。 膀胱炎になると排尿時に痛みが出るのですぐにわかります。 男性の場合は肛門から尿の排出口まで離れている為膀胱炎を起こす事はあまりありません。 変わりに男性は感染症としては淋菌による尿道炎を起こす事があります。 これは性交渉で感染してしまったためですが、女性の場合は尿道炎より子宮や卵巣、また膣などに感染して炎症を起こす事の方が多いです。 男性はその他にも尿道炎を起こす感染症としてクラミジアやトリコモナスが挙げられどちらも感染しているパートナーとの性交渉が原因しています。 感染した場合の症状は男女とも排尿時の痛みや頻尿、尿意切迫などがありますが、中には全く症状が出ない場合もあります。 男性は分泌物が出る事で感染している事に気づく場合があります。 淋菌やクラミジアの場合に限られますのでそれが決めてとなって病院へ行く場合が殆どでしょう。 女性の場合には尿路感染での分泌物はあまり見られません。 病院へ行くと分泌物からどの菌か調べる検査をしますが、結果が出るまでに時間がかかる為結果が出る前に状況や状態などからそれに合わせた治療薬を開始する場合があります。 男性の場合は淋菌に感染する可能性が高い為、淋菌用の治療薬アジスロマイシンの服用とセフトリアキソンの注射を行いますが、検査の結果淋菌ではなく、別の原因菌である事が分かればそれに準じた治療薬を使用して治療が再開されます。 女性の場合の尿路感染と膀胱炎には抗生物質の投与で様子をみます。

2019年10月07日
妊娠中の感染症は病名を確かめる

妊娠中には、体の健康に十分気をつけなければいけません。 もちろん、妊娠の有無に関係なく健康に気を使うことは当然なのですが、妊娠中は自分ひとりの体ではないのです。 それだけに、これまで以上の配慮が必要となります。 特に病気にかかることがないようにしなければいけません。 例えば感染症などは、流行する時期などが予めわかっているものが多いです。 そういった感染症の病名や症状などをきちんと知っておいて、適切な対策を講じることが重要です。 といっても、感染症には沢山の病名と症状がありますので、全てを把握することは困難です。 そこで、妊娠中はかかりつけ医に相談して、どういった病名の感染症に注意すべきなのかを確認しておきましょう。 かかりつけ医であれば、妊婦さんが気をつけるべき感染症やその病名について熟知しているはずです。 ですので、かかりつけ医の助言に従っていれば、ある程度感染症などを予防できることになります。 それ以外でも、自分自身で病気について学び、正常な妊娠と出産ができるように努力していく必要があります。 母体と胎児は物理的につながっているので、母親の体の異常がそのまま胎児へと伝わっていくことがほとんどです。 場合によっては、母体以上の悪影響が生じることもあります。 なぜなら、胎児というのはまだまだ不完全な状態でお腹の中にいますから、母体ほど強くはないのです。 そういったことも踏まえた上で、妊娠中の生活習慣などに気をつけていきましょう。 異常を持って生まれてくる赤ちゃんのことを考えたら、妊娠中にできるだけ悪影響がでないよう注意しようと思うことでしょう。 もちろん、不意の事故や病気というのは防ぐことができませんので、それはまた別の話といえます。

2019年09月02日
様々な種類の感染症に注意するべきこととは

現代の医療は数十年前に比べると飛躍的に進歩していて、以前では治せなかった病が治せるようになったりもしています。 高熱が出ても抗生物質ですぐに治まったり、頭痛腹痛等に効く薬も副作用が抑えられ効果の高い薬が登場していて日常生活で大変助かります。 しかし感染症が世界から消えた訳では無く、日本でも感染症に対する意識をしっかりと持つ事が大切です。 感染症も進化している為、以前効いていた薬が効かなかったりと耐性を持った新種も出現しています。 このリスクを回避する為に大事な点を2点挙げてみます。 1点目としては、基本中の基本と言える手洗いの徹底です。 感染症を起こす菌の最も多い人体への侵入経路は手からです。 菌が付着した手でご飯を食べたり、目や鼻を触ったり等日常のアクションの中に侵入するポイントが多々あります。 そうした点からも手洗いは非常に重要です。 又、手洗いの仕方もポイントとなります。 水洗いだけでは菌は落ちないので、しっかりと時間をかけて丁寧に洗う事が大事です。 特に手が荒れていると菌が繁殖しやすくなるので特に注意が必要です。 手を拭くタオルも菌が繁殖してしまうのでこまめに取り換え清潔なタオルを使用する事も合わせて意識する必要があります。 2点目としては、マスクの着用です。 マスクに関しては予防の点でも効果がありますが、自分自身が感染症になってしまった時に周囲の人にうつさないという点で効果があります。 マスクの隙間を極力抑える事で、侵入を防げて拡散も防げます。 この時にマスクにはウイルスが付着している恐れがある為、マスクを触った後はしっかりと手を洗う事が重要です。 以上の2点が感染症に対する注意点と言えます。 基本的な事ですが非常に効果があります。

2019年08月13日
妊娠中の性行為で感染症になることも

妊娠中には性行為は控えるようにと言われていますが、実はこれは感染症を防ぐという意味合いもあります。 妊娠中でも性感染症を引き起こしますし、これが胎児に悪影響を及ぼすこともあるのです。 まず性器ヘルペスです、性器同士が接触することによって起こる感染症ですが妊娠中に症状が出てしまうことがあり、産道感染を起こしますと胎児た脳炎や肺炎などを起こし重症化することもあります。 下手をすると帝王切開になりますので気を付けてください。 また性病で多いのがクラミジアですが、こちらも妊娠中に感染して発症してしまうこともあります。 産道感染してしまうと子どもがが結膜炎や肺炎などを起こしてしまうのです。 もしもクラミジアに感染した場合には出産するまでに治療薬によって完治させなければいけません。 性病は性感染の他の経路でも感染することがあるので自分は性行為をしていないので大丈夫だと思わずに検査をしておくことをおすすめします。 感染症によって子供が早産になってしまったり将来に関わるような障害になってしまうこともありますので油断してはいけません。 性病は症状があまり出ない場合もあり、自分が感染しているという自覚が無い場合も多いのです。 クラミジアの場合はおりものが多くなりますし、性器ヘルペスの場合は性器にぶつぶつができますので見て分かりますが、少しでもおかしいと思ったらすぐに医師に相談しましょう。 他にも恐ろしいのがエイズです。 母子感染をする病気ですので母親がエイズにかかっていると子どももかかる事があります。 不特定多数の人と関係する事はもちろんの事、パートナーであってもこの期間だけは性交渉は避けてください。 また妊娠している可能性が考えられる場合も避けたほうがいいでしょう。

2019年07月27日