落ち込んでいる男性

妊娠中は母体が何かの感染症に感染すると、そのまま胎児に影響する可能性が高いので、非常に気をつける必要があります。
その中でも、妊婦が注意しなくてはいけない性感染症にはどんなものがあるのか、また胎児にどんな影響があるのでしょうか。

まず、一番身近でかかりやすい性感染症として、クラミジアがあります。
男性は尿道に感染するので気づきやすいですが、女性はあまり症状が出ない人がいるため、感染していることにも気づかず、妊娠して受ける血液検査で初めて感染していることに気づくケースもあります。
流産や早産の危険性があるほか、産道感染すると胎児が肺炎や結膜炎を起こす恐れがあるので注意が必要です。

性器ヘルペスは、性器の周辺に水泡や潰瘍ができる性感染症で、妊婦が感染して産道感染などで胎児にうつってしまうと、脳障害や最悪な場合死亡するケースもある重篤な症状を引き起こしますので、出産一ヶ月前までに治らない場合は帝王切開での出産となります。

淋病や梅毒は、避妊せずセックスを行った時に感染する場合が多く、淋病は女性の場合ほとんど自覚症状がないため知らないうちに感染してるケースもあり、母子感染すると流産や早産のリスクが高まるだけでなく、両眼を侵され失明する危険性もある怖い感染症です。
梅毒も、流産、早産になる可能性が高くなる以外に、子宮内で梅毒に感染することがあるため、胎児が先天性梅毒となり、出産後に皮膚や内臓疾患を抱えることになる場合もあります。

本来妊娠したら血液検査で様々な病気に感染していないかどうかは調べていくのですが、たとえば奥さんの妊娠中に旦那さんが風俗に行って、その後奥さんとセックスして感染するというケースもあります。
身に覚えがないうちに感染していることもありますので、家族全員で治療や予防していくことが大切になります。

記事一覧
様々な種類の感染症に注意するべきこととは

現代の医療は数十年前に比べると飛躍的に進歩していて、以前では治せなかった病が治せるようになったりもしています。 […]

2019年08月13日
妊娠中の性行為で感染症になることも

妊娠中には性行為は控えるようにと言われていますが、実はこれは感染症を防ぐという意味合いもあります。 妊娠中でも […]

2019年07月27日